ヴィヴァルディ:四季&モーツアルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク

チケットを購入する
AUG 2020 Next

アイネ・クライネ・ナハトムジーク(セレナード第13番)はモーツァルトの楽曲の中でも非常に有名な曲の一つである。1787年8月10日にウィーンで作曲が完了された。この期日はオペラ・ブッファ「ドン・ジョヴァンニ」の作曲中の時期にあたる。ただし何らかの機会のために作曲されたと考えられるが、初演に関する史料は残されていない。父の死(1787年5月28日死去)の2ヶ月あまり後に作曲。アルフレート・アインシュタインは、モーツァルトは同年の「音楽の冗談」(1787年6月14日に作曲完了。父の死去後17日目にあたる)によって失われた音楽の秩序を回復するために作曲したと推測している。しかしながら現在の研究では「音楽の冗談」は1785年には着手され、1787年8月後半に完成されたと考えられている。

 

「四季」は、アントニオ・ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲集「和声と創意の試み」 作品8のうち、 第1から第4曲の「春」「夏」「秋」「冬」の総称。ヴィヴァルディ自身は作品8の献辞以外でこれら4曲を「四季」と称したことはない。各曲はそれぞれ3つの楽章から成り立っており、各楽章にはソネットが付されている。これらのソネットの作者は不明であるが、ヴィヴァルディ自身の作という説もある。

プログラムとキャスト

<出演>

ヘリオス管弦楽団

ヴァイオリン&指揮:Glen Rouxel

マドレーヌ教会

マドレーヌ教区は、パリの中心部で目に見える存在を確保し、同時代の人々に耳を傾けることを望んでいます。 私たちは教会の席を形成する石の山塊を説明するために基地について話します。 しかし、この拠点は、コンピュータトレーニングエリアであるOzanam Madeleineのように、負傷者のいることに気を配っている協会で構成されたリビングストーンでもできています。 Foyer de la Madeleineは、昼休みに毎日300食を超える食事を提供しています。

類似したイベント