聖マドレーヌ教会にてフォーレへのオマージュ

チケットを購入する
JUN 2020

フォーレ作曲「レクイエム」じは、レクイエムの傑作として知られ、フォーレの全作品中で最も演奏機会が多い。フォーレの音楽活動のなかでは、ピアノ四重奏曲第2番ト短調作品45、あるいは「パヴァーヌ」作品50などと並んで、中期の幕開きを告げる代表的な作品に位置づけられる。演奏時間約40分。しばしば、モーツァルト、ヴェルディの作品とともに「三大レクイエム」の一つに数えられる。

作曲の動機については、父親が1885年7月、母親が1887年12月にそれぞれ死去したことがよく挙げられる。ただし、フォーレが残しているスケッチによると、遅くとも1887年秋には作曲に着手しており、母親の死は直接関係していないと考えられる。さらにフォーレは、

    「私のレクイエムは、特定の人物や事柄を意識して書いたものではありません。……あえていえば、楽しみのためでしょうか」

と書いているのである。

また、マドレーヌ寺院での初演では、寺院の司祭から斬新過ぎると叱責されたらしい。このほか、当時から「死の恐ろしさが表現されていない」「異教徒的」などとの批判が出された。フォーレのレクイエムは当時のカトリックの死者ミサでは必須であった「怒りの日」などを欠くなど、そのままではミサに用いることの出来ない形式をとっている。これに対してフォーレは1902年に次のような手紙を書いている。

    「私のレクイエム……は、死に対する恐怖感を表現していないと言われており、なかにはこの曲を死の子守歌と呼んだ人もいます。しかし、私には、死はそのように感じられるのであり、それは苦しみというより、むしろ永遠の至福の喜びに満ちた開放感に他なりません」

また、晩年の1921年にルネ・フォーショワ(歌劇「ペネロペ」の脚本を手がけた)への手紙に次のように書いている。

    「私が宗教的幻想として抱いたものは、すべてレクイエムの中に込めました。それに、このレクイエムですら、徹頭徹尾、人間的な感情によって支配されているのです。つまり、それは永遠的安らぎに対する信頼感です」

プログラムとキャスト

<出演>

ヘリオス管弦楽団

合唱団:Tempesuoso

指揮:Jean-Charles Dunand

マドレーヌ教会

マドレーヌ教区は、パリの中心部で目に見える存在を確保し、同時代の人々に耳を傾けることを望んでいます。 私たちは教会の席を形成する石の山塊を説明するために基地について話します。 しかし、この拠点は、コンピュータトレーニングエリアであるOzanam Madeleineのように、負傷者のいることに気を配っている協会で構成されたリビングストーンでもできています。 Foyer de la Madeleineは、昼休みに毎日300食を超える食事を提供しています。

類似したイベント
教会コンサート
パリ - マドレーヌ教会
次のパフォーマンス: 日 12 APR 2020, 07-20:00
教会コンサート
パリ - 聖エフレム教会
次のパフォーマンス: 月 13 APR 2020, 19:00
教会コンサート
パリ - 聖エフレム教会
次のパフォーマンス: 土 11 APR 2020, 07-20:00
教会コンサート
パリ - 聖エフレム教会
次のパフォーマンス: 土 28 MAR 2020, -
教会コンサート
パリ - 聖エフレム教会
次のパフォーマンス: 日 29 MAR 2020, 07-20:00
教会コンサート
パリ - 聖エフレム教会
次のパフォーマンス: 月 20 APR 2020, 07-20:00