パトリシア・ペティボン-魔術師の炎

チケットを購入する
JUL 2020

パトリシア・ペティボンは、あるコンサートで、フランスのバロックオペラの強力なヒロインに命を吹き込み、忌まわしい犯罪と悪魔の罪を犯しました。


彼女の恋人ジェイソンが彼女を裏切るとき、メデアは情熱的に愛で、彼女の残酷さと復geを放ちます。彼女はオペラの歴史によく登場しますが、1693年のオペラで彼女の最も活気のある肖像画を描いたのはシャルパンティエです。サースの怒りは、マジシャンの呼び出しで頂点に達し、レクレアによるパワフルでドラマチックな音楽が与えられました。最後に、ジャン=ミシェル・ラモーは、情熱に引き裂かれ、彼らの心の感情に苦しめられて、愛する音楽キャラクターを常に愛し続けました。彼のヒーローは犠牲を経験し、感動的な強さで彼らの苦しみと絶望を明らかにします。


パトリシア・ペティボンは、これらの優しく情熱的な魔術師の解釈に彼女の才能と驚くべき表現力を発揮します。サースの怒りはメデアの情熱的な嘆願に応えます。

プログラムとキャスト

キャスト


パトリシア・ペティボン、ソプラノ


アンサンブルアマリリス
ヘロイズガイヤールフルート、バロックオーボエ、音楽指揮者
Violaine Cochard、ハープシコード、合唱団


プログラム


Rebel、Charpentier、Marais、Leclair、Rameauによるアリアと交響曲


残酷で復geのメデア


ジャン=フェリー・レベル(1666-1747)
ル・カオス(彼の交響曲レ・エレメントからの抜粋)

マルク・アントワーヌ・シャルパンティエ(1643-1704)
プレリュードとインストゥルメンタルアリア«M'y ForceにCする»


マリンマレ(1656-1728)
Tempête(Alcyone、1706、act IV、シーン4から抽出)


マルク・アントワーヌ・シャルパンティエ(1643-1704)
Aria«Noires filles du Styx»(Médée、III、シーン5)
レコンバットタント(IV、シーン6)
アリア«Dieux du Cocyte et des royaumes sombres»(III、シーン7)
悪魔の2番目のエントリ
アリア«Ne lesépargnonspas。あ! Trop barbaremère»(V、シーン1)


愛と人間のメデア


マルク・アントワーヌ・シャルパンティエ(1643-1704)
Ritournelle pour lesflûtes(Médée、act III、シーン2)
アリア«Quel prix de mon amour»(Médée、III、scene 3)


マリンマレ(1656-1728)
シャコンヌ(セメレから抜粋、第2幕)


サースの愛の苦悩


ジャン=マリー・ルクレア(1697-1764)
Aria«Serments trompeurs»(Scylla et Glaucus、act III、シーン1)
ファーストロンドーアリア(アクトIII、シーン3)
ルアー(アクトIII、シーン3)


Circeの呼び出し


Invocation Noiresdivinités(act IV、シーン4)
悪魔の第二のアリア(act IV、シーン5)
絶望から狂気へ


ジャン=フィリップ・ラモー(1683-1764)
Aria ofPhèdre«クリュエルメールデアムール»(Hippolyte et Aricie、act III、scene 1)
エアフォーラブズプレリュード(Castor et Pollux、act I、scene 1)
Télaïreのアリア«TristesApprêts»(Castor et Pollux、act I、scne 3)
ソフトアリア«Calme des Sens»and Gavotte(Dardanus、1739、act IV、scene 2)
リゴードン1および2(Zais etZélidie、act IV、シーン5)
Entréedeségyptienset deségyptiennes(LesFêtesde l'hymnen、act III、シーン3)
Air de la Folie«Formons les plus brillantsコンサート»(Platée、1749)

ヴェルサイユ宮殿

 

ヴェルサイユ宮殿(ヴェルサイユきゅうでん、フランス語:Château de Versailles)は、1682年にフランス王ルイ14世(1638年 - 1715年、在位1643年 - 1715年)が建てたフランスの宮殿(建設当初は離宮)である。ベルサイユ宮殿とも表記される。

パリの南西22キロに位置する、イヴリーヌ県ヴェルサイユにある。主な部分の設計はマンサールとル・ブランによっておこなわれ、庭園はアンドレ・ル・ノートルによって造営された。バロック建築の代表作で、豪華な建物と広大な美しい庭園で有名である。

 

概要[編集]

ヴェルサイユ宮殿は、ルイ14世が建造した宮殿である。そのため、フランス絶対王政の象徴的建造物ともいわれる。ルイ14世をはじめとした王族と、その臣下が共に住むヴェルサイユ宮殿においては、生活のすべてが絶対王政の実現のために利用され、その結果さまざまなルール、エチケット、マナーが生まれた。

 

噴水庭園

宮殿よりも噴水庭園のほうが建設にかかった労力は上で、宮殿建設の25,000人に対し、36,000人が投入されている。噴水にはルイ14世の三つの意図が込められている。

 

「水なき地に水を引く」
ヴェルサイユには近くに水を引く高地がない。ルイ14世は10km離れたセーヌ川の川岸にマルリーの機械と呼ばれる巨大な揚水装置を設置し、堤の上に水を上げさせた。そして古代ローマに倣って水道橋を作って、水をヴェルサイユまで運び、巨大な貯水槽に溜め込んだ。こうして水なき地で常に水を噴き上げる噴水庭園を完成させ、自然をも変える力を周囲に示した。

「貴族を従わせる」
ルイ14世は10歳の時にフロンドの乱で、貴族たちに命を脅かされたことがある。ルイ14世はこの体験を一生忘れず、彼は貴族をヴェルサイユに強制移住させた。

「ラトナの噴水」は、ギリシャ神話に登場するラトナ(レートー)が村人に泥を投げつけられながらも、息子の太陽神アポロンを守っている銅像と、その足元にある蛙やトカゲは神の怒りに触れて村人たちが変えられた像を、模った噴水である。ラトナとアポロンはフロンドの乱の時、彼を守ってくれた母と幼いルイ14世自身を示し、蛙やトカゲに変えられた村人は貴族たちをあらわしている。王に反抗をする者は許さないという宣言を示している。
「太陽神アポロンの噴水」は、アポロンは天馬に引かれて海中から姿をあらわし、天に駆け上ろうとしているものを模った噴水である。アポロンはルイ14世自身をあらわし、彼が天空から地上の全てを従わせると示している。

「民衆の心をつかむ」
ルイ14世は民衆の誰もがヴェルサイユに入るのを許し、民衆に庭園の見方を教える「王の庭園鑑賞法」というガイドブックを発行した。それには「ラトナの噴水の手前で一休みして、ラトナ、周りにある彫刻をみよ。王の散歩道、アポロンの噴水、その向こうの運河を見渡そう」と書かれている。民衆は、ガイドブックに従って庭園を鑑賞することで、貴族と自然を圧倒した王の偉大さを刷り込まれていった。夏、ヴェルサイユでは毎晩のように祭典が催され、訪れた民衆はバレーや舞劇に酔いしれた。

類似したイベント