ノートルダム・ド・パリ

チケットを購入する
MAR 2021 Next

ロラン・プティが1965年にパリ・オペラ座バレエ団のために制作した最初の作品である『ノートルダム・ド・パリ』は、壮大なスペクタクルの要素をすべて兼ね備えています。このバレエはヴィクトル・ユーゴーの名作からインスピレーションを得ており、美しいエスメラルダ、感動的なクアシモド、機転の利くフロロ、皮肉屋のフェオバスなど、カラフルな登場人物が登場します。イヴ・サンローランによるカラフルで生々しい衣装と画家ルネ・アリオによるパリの大聖堂の豪華さを再現したセットを使って、カンパニーのダンサーたちのアンサンブルに支えられた振り付けは、愛と死の物語に突入した登場人物たちの表現力を余すところなく表現しています。振付家の没後10周年を記念して、バレエ団はこの壮大なフレスコ画をバスティーユ歌劇場の舞台で復活させます。

プログラムとキャスト

2幕13場面のバレエ

ビクター・ヒューゴのその後


音楽:モーリス・ジャール

リブレット . ロラン・プティ

振付:ローランド・プティ

指揮:ジャン=フランソワ・ヴェルディエ

セットデザイン. ルネ・アリオ

衣装デザイン:イヴ・サンローラン

照明デザイン. ジャン=ミシェル・デジーレ

パリオペラ・バスティーユ

オペラバスティーユ

超近代的劇場
オペラ·バスティーユは、47ヶ国1700人の建築家からの応募があり、国際的なコンペティションの後1983年11月に選ばれたウルグアイ系カナダ人の建築家カルロス·オットの設計を採用し同年より着工した。劇場は7月13日1989年に発足し、1990年3月17日、ベルリオーズのオペラ「トロイアの人々」によりこけら落としが行われた。

ガラス張りの外観、近代的な建築で内装は地上7階地下6階建て。座席数は2703。舞台装置もコンピューター制御となっており、外観、設備共に現代建築の粋を集めたものとなっている。


舞台施設

オーケストラピット:移動、取り外し、調整、カバー可

中央舞台:最大130人収容可能。高さ45m、幅30m、深さ25m。世界最大の9面舞台、遮音壁で区切ることにより、上演中でも他の演目のリハーサルができる。

 

建物

床面積:22,000㎡

占有面積:160,000㎡

高さ:80m(地下30メートル含む)

 

ホール

大ホール

床面積:1,200㎡

寸法:高さ 20m, 深さ 32m・幅 40m

座席数:2703

材質:青花崗岩(ブルターニュ)、梨木(中国)、ガラス屋根

 

Amphi劇場

面積:700㎡

深さ:21,4m

座席数:450

材質:白角樂岩(ヴェローナ)、スタッフセイィングにの屋根

 

類似したイベント